<listing id="xxx3n"><cite id="xxx3n"></cite></listing>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var><menuitem id="xxx3n"></menuitem>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"><thead id="xxx3n"></thead></video></var><cite id="xxx3n"><span id="xxx3n"></span></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>

ホーム > 株主?投資家の皆様へ > トップメッセージ

トップメッセージ

株主?投資家の皆様におかれましては、平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御禮を申し上げます。
當社グループが関連する自動車業界におきましては、グローバル化や技術革新が加速する中、事業マネジメント上の変化への迅速な対応がますます重要になってきております。お客様からは引き続き、品質?コスト競爭力の向上が求められる一方、評価いただける付加価値をどう出していくかが、今後の事業拡大上の大きなポイントとなっております。
このような環境変化やお客様の期待?ニーズに対応していくため、當社グループは2020年度を見據えた経営戦略「Global Teamwork 2020」を策定いたしました。目標は、2016年度を到達年度としたビジョン「Global Challenge 177 (以下 『GC177』 )」で定めた、「品質No.1」「営業利益率7%」「世界生産シェア7%」を持続的に達成できる企業基盤を構築していくことです。
ビジョン『GC177』の取り組みで著実に出てきた成果をさらに拡大していくため、効率的なグローバル事業運営に求められる仕組みを整え、「売りの力」、「モノづくり力」を強化していくことで、グローバルビジネスをより拡大してまいります。そのために、グローバルに展開する當社グループ各社が一體(ワン?チーム)となり、目標達成に向け戦略と方策を著実に実行してまいります。これにより、お客様からの信頼をベースに、ステークホルダーから「選ばれ続ける企業」となっていくことを目指しております。
また當社は、継続的な企業価値の向上による適切な利益還元を重要な経営課題の一つと考え、長期的に安定配當を維持することを基本として、業績動向等も勘案の上、配當を行う方針としております。今後も、事業展開の節目には記念配當を上乗せするなど、株主の皆様への還元に積極的に努めてまいります。
株主?投資家の皆様におかれましては、今後ともなお一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
 
代表取締役社長 中山太郎
代表取締役社長
山本雄一郎

中文无码乱人伦中文视频在线,在厨房乱子伦在线观看,欧美最肥BBW毛,国产福利在线永久视频
<listing id="xxx3n"><cite id="xxx3n"></cite></listing>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var><menuitem id="xxx3n"></menuitem>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"><thead id="xxx3n"></thead></video></var><cite id="xxx3n"><span id="xxx3n"></span></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>