<listing id="xxx3n"><cite id="xxx3n"></cite></listing>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var><menuitem id="xxx3n"></menuitem>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"><thead id="xxx3n"></thead></video></var><cite id="xxx3n"><span id="xxx3n"></span></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>

ホーム > CSR活動 > タチエスのCSR

タチエスのCSR

このページは、當社のCSRの考え方について、ご報告?ご説明を行っています。

タチエスのCSRの考え方について

タチエスグループは、「人と社會と共生し、快適で豊かな生活空間を創造し続けることで人々を笑顔にする」というビジョンを定めています。當社は、ビジョンの実踐を通じてステークホルダーの要請?期待に応え、持続可能な社會の実現に貢獻することを目的にCSRに取り組んでいきます。そのために、當社は「モノづくりを通じた社會貢獻」と「事業プロセスにおける社會的責任」をCSRの根幹と位置づけ、CSRと事業活動を一體化した経営を目指します。

 

「モノづくりを通じた社會貢獻」では、人々を笑顔にする革新的な技術を礎に自動車用シートを中心とした安心?安全?快適な車室空間を創造し続け、當社の商品やサービスによる提供価値を通じ社會へ貢獻していきます。
また、「事業プロセスにおける社會的責任」では、法令?社會ルールの遵守はもとより、ダイバーシティの推進や地球溫暖化防止など社會が抱える課題に取り組み、よき企業市民として社會的責任を果たしていきます。

 

當社はCSRを常に経営戦略の中心に據え、企業の持続的な成長を図りながら、これらの活動を通じて當社ビジョンの実現に取り組んでいきます。

CSR概念図

自動車業界を取り巻く変革ドライバーと當社の技術開発テーマ

CSR推進體制

當社は、2019年6月にCSR活動推進會議(責任者:CSR擔當役員、メンバー:CSR関連部門、事務局:総務部)を設置し、CSRに関する社會要請の把握、情報開示にむけたCSRの活動実績の取りまとめなどの活動を開始しました。
今後は、社會的評価?信頼の一層の向上と「社是?企業理念?経営指針」の実現にむけて、CSR活動の強化に取り組んでいきたいと考えています。

CSR推進體制図

リスク発生時の損害規模の評価イメージ

CSRの社內浸透

當社では、2018年12月~2019年9月の間に、株式會社タチエスと一部のグループ會社の役員、関係部門の幹部を対象としたCSR研修を3回、開催しました。CSRにかかわる最新の社會動向や自動車業界とかかわりの深い社會課題の現狀および當社事業とのかかわり(機會?リスク)などについて學ぶ重要な機會と捉えています。

中文无码乱人伦中文视频在线,在厨房乱子伦在线观看,欧美最肥BBW毛,国产福利在线永久视频
<listing id="xxx3n"><cite id="xxx3n"></cite></listing>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var><menuitem id="xxx3n"></menuitem>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"></var>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"><thead id="xxx3n"></thead></video></var><cite id="xxx3n"><span id="xxx3n"></span></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>
<cite id="xxx3n"></cite>
<var id="xxx3n"><video id="xxx3n"></video></var>